千葉での葬儀でも他県での葬儀でも、式次第や時間帯に大差はありません。

葬儀は午前中から始まり午後の早い時間には一式が終わるスケジュールです。

■1日目のご遺体の移動から納棺までの時間帯。

1日目の納棺は、夕方から始まります。

千葉の自宅や霊安室に安置されている遺体を棺に納める作業です。

当日の通夜までに実行されます。

通夜は納棺のあと夜8時までをメドに行なわれます。

本来は“夜通し”という習わしですが、現代では“日暮れから数時間”に限定し、遺族にも弔問客にも負担がかからないよう半通夜のスタイルが多くなっています。

日中の葬儀・告別式に参列できない人がお別れを告げる場です。

■2日目の葬儀・告別式・出棺までのスケジュール。

葬儀にかかる時間(2日目)は、朝から昼過ぎ頃まで行われるのが通例です。

僧侶の読経が終わると、遺体は火葬場へと移されますが、このときの時間帯は、火葬場の空き時間によって前後します。

仮に正午ごろに火葬場に移動するとした場合は、遺族の集合が午前10時ごろ。

9時を過ぎたころから参列者の受付を開始します。

葬儀と告別式は10時~11時のあいだに始まります。

■告別式の後の出棺時間は11時~11時:30分です。

葬儀・告別式が終わったら、祭壇から棺を降ろし出棺の準備となります。

1日目の出棺などの時間は別にして、参列者がからむ2日目の葬儀は朝から昼過ぎまでに行なわれ、その後、出棺となります。

葬儀が朝ではなく昼から執り行われることもあるので、時間帯は順次繰り下げて予定しましょう。

だいたいのスケジュールは葬儀社で用意してくれます。