お父様がご存命のうちは、時間にもまだ少し余裕があります。

葬儀の準備・手配は、意外と手間取ったりするものなので、千葉の葬儀社の選定など早めに動きましょう。

■意外と時間がかかってしまう葬儀の準備・手配。

葬儀までには、葬儀社を選定したり日程調整をしたりで、それなりの時間を要するものです。

あまり考えたくはないものですが、千葉で入院中のお父様が衰弱していて、ご存命の時間が少ないと考えられるなら、葬儀の準備・手配に着手すべきです。

余裕のある中で準備をするのと、亡くなってからバタバタと手配に走るのとでは、葬儀の満足度も違ってきます。

またご案内すべき参列者へのご連絡が行き届かないなどの不手際も起こります。

■会葬者のリストアップは早いうちにやっておく。

時間のあるうちにやっておきたいことの第1は、お父様が日頃お世話になっていた人、親交の深かった友人・知人、会社のOBなどのリスト作成です。

家族が知り得る限りの名前と住所をピックアップして整理しておきましょう。

お父様の状態にもよりますが、それとなくご本人から聞き出せるなら、雑談をする中で名前を聞いておきましょう。

だいたいの人数がわかったら葬儀社へ連絡して打ち合わせに来てもらいます。

■千葉の葬儀社との打ち合わせは、ご存命のうちからでも可能です。

葬儀の規模がわかれば予約可能です。

たとえば正式発注してから葬儀の実施まで、どれくらいの時間がかかるのか、会葬者の数などから予算はどの程度かかるのかなど、必要なことを聞き出しておきましょう。

繁忙期などは遺体ご安置の時間が長引き、別途料金が必要になることもあります。

ただし葬儀社の都合による場合は、その限りではありません。

□あわせてご覧ください…http://www.theintelligensia.com/